M n e M e f r a g m e n t s

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オペラ座の怪人
オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人
THE PHANTOM OF THE OPERA
出演: ジェラルド・バトラー, エミー・ロッサム, パトリック・ウィルソン
監督: ジョエル・シュマッカー

オペラ座の怪人

舞台版を手掛けた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作。
オペラ座の絢爛たる舞台を映像化しており非常に豪華。

でもやっぱり好きになれないのはブロードウェイ・ミュージカル特有のあの音楽。まったりと濃い〜く歌うのがどうも苦手。歌は俳優自身が歌っているそうで、ジェラルド・バトラーは結構ロックな感じで歌うんですね。それとは対照的にエミー・ロッサムの声は繊細というか、か細いなぁ。

冒頭のすでに廃墟と化したオペラ座で行われるオークションからファントムのいた、かつてのオペラ座へと塵を吹き飛ばすように移り変わる様は魔術的でありました。

しかしさー、クリスティーヌって恩知らずってゆーかひでー女だと思うのよね。


追記 2010/12 
劇団四季吹き替え版も見た。
うーむ、さらにキツイ。
そして、クリスティーヌのキンキン声がとても耳障り。
会話の部分の掛け合いのような歌はあまりいいメロディとは言えませんよね。日本語だとさらにその部分のメロディラインの微妙さが浮き彫りに。


「オペラ座の怪人」 オリジナル・サウンドトラック
「オペラ座の怪人」


あ、ダリオ・アルジェントの「オペラ座の怪人」を見てないんでぜひ見たいです。きっとエロいんでしょう、グロいんでしょう。
| 映画・映像 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - |









http://mneme.jugem.cc/trackback/669
オペラ座の怪人
2004 アメリカ 洋画 演劇・ミュージカル ラブロマンス 作品のイメージ:感動、泣ける、切ない、おしゃれ、スゴイ 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン 一言で言えば豪華絢爛。もう既にミュージカルで
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/19 7:19 PM |
オペラ座の怪人
 『世界で一番有名な、哀しくも美しい愛の物語』  コチラの「オペラ座の怪人」は、現代のモーツァルト、って言ってもキダタローじゃありませんヾ(・ε・。)ォィォィ アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルを自ら製作総指揮・脚本・音楽を手掛け映画化
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/01/02 9:07 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+This Time
+This Time
+This Time
Swanlights
Swanlights (JUGEMレビュー »)
Antony & The Johnsons
+This Time
+This Time
+This Time
モンスターズ・オブ・フォーク
モンスターズ・オブ・フォーク (JUGEMレビュー »)
モンスターズ・オブ・フォーク
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+ New Entries
+ Recrnt Comments
+ Recent Trackback
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ MneMe blogList
+ Profile
+ Others
このページの先頭へ