M n e M e f r a g m e n t s

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
北京・オリンピック開会式
開幕前から直前までいろいろとあった北京五輪が開幕しました。
で、開会式はチャン・イーモウの演出ということで楽しみにもしていました。

最近の開会式の定番って感じのシルク・ド・ソレイユ的演出はちょっと見飽きた気もしていたので、特に新鮮でした。

古い時代の中国の様式美は抗い難い魅力を持っていますし、孔子の「友遠方より来る、また楽しからずや」や「和をもって尊しとなす」などの言葉を引用した美しく思慮深い、しかもダイナミックな演出は本当に素晴らしかった。

後半は、地下から迫り出してきた球体は最初、ダルフール問題で芸術顧問を辞退したスティーブン・スピルバーグの「未知との遭遇」かと思っていたら、キューブリックの「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号を見るようでもありました。


しかし、チャン・イーモウが国家プロジェクトを任される時代になったのだなぁ、と何か感慨深い気持ちです。初めてチャン・イーモウの映画を観たのは「紅いコーリャン」だったのですが、確か当時中国国内では上映禁止の映画になっていたと思うのです。チャン・イーモウの「英雄」などの世界的な成功のためなのか、年月を経て中国の民主化が進んだ、ということなのか。

紅いコーリャン
紅いコーリャン

ウイグル自治区、チベット自治区の人権問題、などのさまざまな問題が民主的に解決していくことを願っています。

そして「平和の祭典」が行われている日に、グルジアとロシアの間で戦争状態へと突入しようとしています。

オリンピック関連
アテネ・オリンピック開会式
ミュンヘン
君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

チャン・イーモウ関連
英雄 HERO
BS-2チャン・イーモウ特集


クンドゥン
クンドゥン
マーティン・スコセッシがダライ・ラマ14世がインドへ亡命するまでを描いている。美しくダイナミックでありながらも重厚な映像とフィリップ・グラスの静寂な音楽と。


さらば、わが愛 覇王別姫
さらば、わが愛 覇王別姫
二人の京劇俳優が文化大革命という時代に翻弄される。素晴らしく美しく残酷。
今回のオリンピックで人形として登場していた物語を映画の中でもみられる。
| かつて、あるいは、いつか。 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 03:06 | - | - |









http://mneme.jugem.cc/trackback/645
北京オリンピック開会式
 サッカーの試合などは既に行われていますが、いよいよ北京オリンピックが開幕しましたね〜。毎回、素晴らしい演出で開催国の伝統と文化の威信をかけ、趣向を凝らし観るモノに深い感動を与える開会式ですが、今回その総合プロデュースをするのがチャン・イーモウ。
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/09 8:53 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+This Time
+This Time
+This Time
Swanlights
Swanlights (JUGEMレビュー »)
Antony & The Johnsons
+This Time
+This Time
+This Time
モンスターズ・オブ・フォーク
モンスターズ・オブ・フォーク (JUGEMレビュー »)
モンスターズ・オブ・フォーク
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+This Time
+ New Entries
+ Recrnt Comments
+ Recent Trackback
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ MneMe blogList
+ Profile
+ Others
このページの先頭へ